乳液・クリームも、肌に保湿を与える化粧品ですから、美容液で十分じゃないのって思っていまえんか?

最近ではオールイワン化粧品で、簡単に肌の保湿をケアできる商品も数多く販売されています。

しかし、年齢を重ねた肌には、乳液・クリームで肌に潤いを与えることが求まられます。

そこで、乳液・クリームの選びからについお話します。

<目次>
・セラミドなどの保湿成分を含む美容液に近い乳液がおすすめ!
・30代までは、油分が少なめのタイプを選ぶ
・クリームは軽いタイプよりこくのあるタイプを選ぶ
・クリームは、目元と口元だけやさしくなじませる

セラミドなどの保湿成分を含む美容液に近い乳液がおすすめ!

「化粧水と乳液」は、「シャンプーとリンス」のように、かつては必ずセットで売られていたものです。

「水分のあとに、油分でフタ」という、古典的なスキンケアが主流だったころのことです。

なぜ古典的かというと、肌の水分は、油分でフタされているわけではなく、セラミドなどと結合することによって維持されていることが、わかってきたからです。

そのため、最近では乳液にかわって美容液が使われるようになりました。近い将来、乳液はレトロ化粧品となるかもしれません。

ただし、やはり使い慣れた感触が手放せないのか、乳液のファンもいるものです。

そういう人たちには、セラミドなどの保湿成分配合の乳液をおすすめします。

美容液と乳液の中間のような、保温成分をたっぷり含んだ乳液というものも最近は出ています。

「油分でフタ」から一歩進んだ、新しいタイプの乳液ならば、使う価値はあるでしょう。

30代までは、油分が少なめのタイプを選ぶ

乳液を使うときに、気をつけなくてはいけないのは、油分の与えすぎです。

とくに、皮脂の分泌量が充分ある30代までは、必要以上に油分を与えすぎないように注意したほうがよいので、乳液の中でも油分をあまり多く含まないものを選びましょう。

とくにTゾーンにはつけすぎないよう注意します。

乳液をつけるときは、化粧水をつけるときと同じように、指の腹を使い、やさしくなじませていきます。

クリームは軽いタイプよりこくのあるタイプを選ぶ

クリームは油分を与えるためにあるものです。

30代までは、肌の水分は減りますが、油分はあまり減りません。

そのため、乾燥肌には油分ではなく水分を保つスキンケアを心がけます)。

それには、保温成分を含む美容液を使うのが最適です。

ただし、目もと、口もとには、年齢を問わず皮脂腺が少ないものです。

この部分の乾燥が気になる人は、油分を与えるためにクリームを使うのもよいでしょう。

最近はクリームでも、ジェルのような軽いテクスチャー(感触)のものもありますが、それでは美容液とあまり差がなく、わざわざクリームを使った甲斐がありません。

せっかくクリームを使うのであれば、こくのある、クリームらしいもののほうがおすすめです。

クリームは、目元と口元だけやさしくなじませる

洗顔後、化粧水と美容液を顔全体にのばしたあと、クリームを目もとと□もとにだけ、薬指でやさしくたたきこむようになじませます。

不必要に油分をつけるのを避けるため、ほかの部位に広がらないようし、また、こすらないようにします。

 

関連記事→顔のたるみの種類と予防方法!






このページの先頭へ