肌老化にトータル的に働きかけるのはピーリングです。

ピーリングによって、肌の代謝がアップし、肌の若返り効果が期待できます。

それでは、ピーリングの取り入れ方についてお話します。

<目次>
・古い角質を除去し肌の再生を則す
・ピーリング剤は洗い流せるタイプがおすすめ
・ピーリングが肌老化に効くしくみ
・ホームピーリングのやり方
・ホームピーリングで効果を上げる3ヵ条

古い角質を除去し肌の再生を則す

肌老化は、年齢とともに遅くなるターンオーバーと深い関係があります。

肌のターンオーバーが遅くなると、表皮はやせて薄くなり、死んだ角質細胞の層がどんどん厚さを増し、肌をくすませます。

メラニンを排せつする作用も低下するため、シミやくすみも出やすくなります。

こうした肌老化にトータルに働きかけるのがピーリングです。ピーリングとは、酸などを使って、古くなった角質を取り除き、肌の再生を促す美容法です。

ピーリングによって肌の代謝がアップし、肌に若返り効果が生まれます。真皮のコラーゲンを増やし、できてしまったメラニン色素の排せつを促す作用もあります。

その結果、シワ、たるみ、くすみ、シミ、毛穴の開きなど、あらゆる肌老化の改善に効果を発揮するのです。

ピーリングというと、何となく怖いイメージがある人もいるようです。

でも、最近では安全な方法が確立され、皮膚科ではニキビ、ニキビ跡、シミ、シワなどさまざまなものの治療にピーリングが導入されています。

ピーリング剤は洗い流せるタイプがおすすめ

家庭用の肌にやさしいピーリング化粧品もたくさん出ています。

ピーリングを週に2回、定期的に取り入れることをおすすめします。

市販のピーリング剤にもいろいろな種類があります。

角質をこすってポロポロと落とすゴマLンュやスクラブ、拭き取りタイプのものは、肌を摩擦して傷めてしまうことがあります。

肌にやさしい洗い流すタイプのものを選ぶとよいでしょう。

市販のピーリング剤は皮膚科で用いられるものよりも濃度が低いので、さほど危険はありません。ただし使用してみて強い刺激を感じたり、赤みが出たりしたら、使用を中止してください。

ピーリングが肌老化に効くしくみ

【ターンオーバーが高まる】
余分な角質を除去することでターンオーバーが高まり、メラニンの排せつを促し、<すみも改善。古い角質とともに角栓などの毛穴汚れが取れて、毛穴の開きも目立だなくなる。

【コラーゲンが増える】
表皮が活性化したというシグナルが真皮にも伝わり、コラーゲンが増える。その結果、シワやたるみ予防につながる。

【化粧品の浸透がよくなり、若肌へに好循環が生まれる】
古くなった角質を除去することにより化粧品の浸適性も高まり、エイジングケア化粧品の効果が確実なものに。

ホームピーリングのやり方

【ピーリング化粧品をTゾーンにのせる】
手に適量のピーリング化粧品をとり、乾いた肌にのせます。まずは顔の中でも肌が比較的強い部分、額などを含むTゾーンにのせて軽くマッサLンするようになじませます。

【肌が弱いUゾーンはキツネ指でなじませる】
目元は中指と薬指の指先をくっつけて、キツネの顔をつくる、キツネ指・で、小さな円を描くようにしながらなじませます。

【よくすすぐ】
ぬるま湯でよく洗い流し、タオルで水けを拭きます。肌をこすらないように注意して。

【しっかり保湿する】
ピーリング後の肌は乾燥しやすくなっているので、セラミド配合などの保湿美容液をたっぷりつけます。

ホームピーリングで効果を上げる3ヵ条

1.肌に赤みが出たらストップ。刺激を感じたら少し弱めるようにして使う。」

2.ピーリング後は、保温をしっかり。マッサ九ンやパックなど肌に刺激を与えそうなケアは2、3日控える。

3.紫外線の影響を受けやすくなるので、外出時には紫外線対策をしっかりと。

 

関連記事→乳液・クリームの選び方!






このページの先頭へ